劇団モカイコZ 第2回公演「サニーサイドと魔女」

ご来場ありがとうございました。

普通の三兄弟と普通じゃない奴らが織り成す
ハートフルミステリアスエンターテイメントコメディ!
祖母キミの死をきっかけに彼女の営んでいた怪しげな古本屋「ブックセンター小日向」を訪れた和良、銀二、猛の小日向三兄弟。暗闇の魔女カスミラに店を占領されたかと思えば、生意気な魔法少女ユマと、その使魔エダハには幻の魔本「魔化論の書」を探してほしいと頼まれる。そして、いまひとつ状況が呑み込めないまま、カスミラの口から衝撃的な一言が発せられる。「小日向キミは殺された」


【作・演出】
篠原拓夢
【日程】
2014年3月15日(土) 18:00~
2014年3月16日(日) 13:00~ / 18:00~
【会場】
長野県上田市 上田映劇
【出演】
早渡知利 / チャーリー青柳 / 篠原拓夢 / 奥堀まゆ / フランキー山本 / くどうきよみ

演出挨拶 (上演時パンフより)

たまに料理をする。といっても某オリーブオイルの人みたいな本格的なやつではなく、安い肉買ってきてテキトーに焼いておしまい、そんなレベル。初めて作った料理は玉子焼きだったと思う。ただフライパンに卵を割って焼くだけの目玉焼きよりも、ボウルで卵を溶いて大量に砂糖を入れて(当時小学生の私は甘ければなんでもよかった)ひっくり返したり巻いたりしながら焼く方が“料理してる”感じがして好きだった。今日お越しの方も食にまつわる思い出の一つや二つあることと思う。昨日の夕飯は思い出せないがあの日の給食の献立はすぐに思い出せる、そんな人もいるかもしれない。それほど舌は昔を憶えているものだ。ちなみに今の話は芝居の中身とはほとんど関係ない。実は今まさにスーパーで半額だった鶏肉をフライパンで焼く傍ら演出挨拶とはどんなことを書けばよいものか思案中なのである。えー、では「サニーサイドと魔女」ということで魔女に関する豆知識を一つ。その昔、ヨーロッパには魔法で人を苦しめる「黒魔女」と害を与えない「白魔女」がいて白魔女はイギリスで「器用な人」を意味するcunning womanと呼ばれ人々から信頼されていたらしい。なるほど、魔女も悪い奴だけではないんだなあ・・・と、そんなことを書いてるうちに肉を焦がした。白魔女になりたい。

演出 篠原拓夢